株式会社TBK TOP
information
ニュース&トピックス
会社情報
IR情報
環境活動
製品情報
採用情報
研究開発
生産・品質
調達情報
グループ企業
TBK販売
information
TBK PHOENIX PLAN の中間期実績について (平成14年11月26日)
当社は平成14年9月30日をもって第67期中間期を終了しました。営業概況および収支については中間報告書、決算短信として、公表・開示しておりますので、ここでは当社で実施しておりますTBK PHOENIX PLANの中間期実績をご報告申し上げます。

TBK PHOENIX PLANは第66期下期から第67期下期(平成13年10月1日から同15年3月31日)までの1年半の間に国内グループ3社(東京部品工業、東京精工、ティービーアール)で、第66期上期の売上げ規模で経常利益を半期8億円(年間16億円)改善しようとするものです。また、収益力の改善により、計画終了時には年間20億円の有利子負債の削減を可能とする経営体力の確立を目標としています。 第67期上期(平成14年4月1日〜同9月30日)は同計画の第2期目に当りますが、その実績は以下のとおりであります。

国内3社ベースの売上げ、収益状況
(単位:百万円)
 
TBK PHOENIX PLAN
実  績
予想 TBK PHOENIX PLANとの比較
66期下期
01年10月〜
02年3月
67期上期
02年4月〜
02年9月
67期下期
02年10月〜
03年3月
66期下期
01年10月〜
02年3月
67期上期
02年4月

02年9月
67期下期
02年10月〜
03年3月
66期下期
01年10月〜
02年3月
67期上期
02年4月〜
02年9月
67期下期
02年10月〜
03年3月
(A) (B) (C) (D) (E) (F) (D-A) (E-B) (F-C)
売 上 高 10,160 10,445 10,488 10,254 10,794 10,900 94 349 412
経常利益 △ 275 178 400 △ 154 192 400 121 14 0
有利子負債 19,000 18,000 17,000 19,199 17,754 17,000 199 △ 246 0
注:全て国内3社ベースで不動産賃貸事業を除く。
(1) 国内需要は景気低迷により当初予定比下振れしましたが、トラックメーカー各社の東南アジア、中国向け輸出が好調に推移し、当社のトラックメーカー各社向け売上げが拡大し、全体の売上げを引き上げました。
(2) 経常利益は売上げの増加及び費用減少により、TBK PHOENIX PLANの第67期上期計画を上回ることが出来ました。しかしながら、原材料費削減、在庫削減など一部項目については、目標未達のものがあり下期目標の達成のため、努力を傾注しております。
(3) 国内3社全て経常利益黒字となりました。TBK PHOENIX PLANでは3社黒字化の目標期を第67期下期としておりましたが、半年繰り上げて達成いたしました。
(4) 有利子負債の削減は、年間22.8億円となり、有利子負債残高は計画の180億円を246百万円下回りました。
第67期下期(平成14年10月1日〜同15年3月31日)はTBK PHOENIX PLANの最終期となりますので、計画目標の達成のためグループ全社員一丸となって鋭意努力しているところであります。
 売上げについては、上期に引き続き、国内向けは低調と思われますが、輸出向けは堅調に推移しており、売上高は上期を若干上回るものと考えております。費用は上期実績を大幅に下回るべく計画をしております。現時点の経常利益の予想としてはTBK PHOENIX PLANの最重要目標である、第66期上期比8億円の経常利益の改善は達成する見込みであります。
なお、海外子会社,国内販売子会社の収益改善が順調であり、連結ベースでは第66期上期に比し、9億円超の経常利益改善となる見込みです。
参考:連結・半期売上げ、経常利益
(単位:百万円)
 
実  績
予想 66期上期(基準期)との増減
66期上期
01年4月〜
01年9月
66期下期
01年10月〜
02年3月
67期上期
02年4月〜
02年9月
67期下期
02年10月〜
03年3月
66期下期
01年10月〜
02年3月
67期上期
02年4月〜
02年9月
67期下期
02年10月〜
03年3月
売 上 高 12,026 12,349 12,585 12,815 323 559 789
経常利益 △363 3 337 563 366 700 926
注:TBK PHOENIX PLANの基準期は第66期上期
なお、中間期連結当期利益は△204百万円となっておりますが、これは下期に見込んでいた子会社退職給付債務の計算方法変更による負担増を中間期に先立って引き当てたもので、通期の当期利益では当初計画(250百万円)を若干上回る見込みです。
 
以上  

取締役社長  原 嘉男
お問い合わせ:fqa@tbk-jp.com
Copyright (c) 2005 TBK Co., Ltd. All Rights Reserved.