株式会社TBK TOP
information
ニュース&トピックス
会社情報
IR情報
環境活動
製品情報
採用情報
研究開発
生産・品質
調達情報
グループ企業
TBK販売
information
石綿(アスベスト)製品の使用状況および健康障害の状況について (平成17年08月05日)
現在、社会的問題となっております石綿(アスベスト)に関し、当社における使用状況につきまして
下記のとおりお知らせ致します。
1.石綿製品の製造について
当社はブレーキ製品製造の一環として、昭和50 年(1975 年)からブレーキライニング・ブレーキパッドを製造してまいりました。
その原材料のひとつとして白石綿(クリソタイル)を使用しておりましたが、健康・環境問題等を考慮し石綿を使用しない製品(ノンアスベスト製品)の開発を急ぎ、その切り替えを進めてまいりました。その結果、平成13 年(2001 年)12 月に石綿を使用する製品の製造を取止めております。
2.石綿製品の取扱い拠点と管理状況
当社の石綿製品製造拠点はティービーアール株式会社(当社子会社、山形県鶴岡市)でありました。またブレーキ製品製造工程の一部でブレーキライニングを装着研磨いたしますが、この工程は当社相模工場(神奈川県大和市、平成11 年に閉鎖し、福島県石川郡玉川村に移転)およびティービーアール株式会社で実施しておりました。
当社は石綿対策の重要性を十分認識し、石綿製品の製造および使用にあたり、作業環境管理、作業管理、健康管理について法令を遵守し、常に職場および周辺の環境向上に取組んでまいりました。
3.石綿製品による健康障害被害
当社従業員・退職者および取引先企業従業員等で石綿疾病・中皮腫で死亡または治療中の方はおりませんが、今後とも継続して調査を行ってまいります。
4.工場周辺への影響等について
当社は法令および関係規則に従い、環境測定を定期的に実施しておりますが、大気汚染防止法による敷地境界線石綿粉塵濃度の測定値は規定の10f(ファイバー)/L(リットル)に対し、0.19〜1.70f/Lと基準値を大幅に下回っております。
現在のところ、周辺の皆様から石綿疾病等に関するお問い合わせ、ご相談等はございません。
5.終わりに
以上が当社における状況ですが、今後とも石綿問題の重要性を十分に認識し、行政・関連団体との情報交換を行い、情報開示に努めます。
以上  
会社名 株式会社TBK
代表者名 取締役社長 原 嘉男
問合せ先 常務取締役総務部長 大田 一穂
(TEL 042-739-1471)
お問い合わせ:fqa@tbk-jp.com
Copyright (c) 2005 TBK Co., Ltd. All Rights Reserved.